人気のアノ曲を使いたい_結婚式プロフィールビデオを盛り上げるための曲の挿入ポイントとは

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

1510-02_10337000814結婚式の重要な演出のひとつといえば、BGM。プロフィールビデオでも音楽が重要な役割を果たし、ビデオの出来映えを左右します。映像制作に携わったことのない人が作った作品でも、まるでプロが作ったような仕上がりになる魔法のスパイスが音楽なのです。

そこで今回は、結婚式のプロフィールビデオでよく使用される人気の曲や、挿入するベストなタイミングを紹介します。

2人が好きな曲のなかから選曲するTSJ93_iyahon20150208134908-thumb-815xauto-18258

招待状や席次表、料理や装花など、思っていた以上に大変な結婚式の準備ですが、パートナーとの楽しい共同作業でもあります。特に入場やケーキカット、花束贈呈などで流れるBGMにこだわりたいと思う人は多いはず。ぜひ結婚式のプロフィールビデオの選曲も同じようにこだわりをもって選んでください。
なにより、「この曲を使いたい!」という2人の強い思い入れがある曲を選ぶのが良いです。もし、あまり知名度のない曲なら、なぜその曲を選んだのかという思いを、ビデオのなかのコメントやテロップで説明するとゲストも感情移入がしやすくなります。

ただし、歌詞の内容には要注意です。どんなに好きな曲や思い出深い曲であっても、別れを連想させるような内容の曲は使わないようにしましょう。

よく知られている曲をセレクトNKJ52_karaokeutauonnanoko-thumb-815xauto-15422

基本的にはプロフィールビデオの選曲のコツは、広く知られている曲を使うことです。知名度のある人気曲は、ゲストがより共感しやすいものです。聞き慣れた曲や知っている音楽が流れていると、ビデオを見ている人が映像に飽きにくいという利点もあります。結婚式のプロフィールビデオでよく使われる人気の曲を例に、効果的な音楽の挿入ポイントを紹介します。

1.     365日(Mr.Children)

毎日ずっと想い続けている人へ向けたラブソングである『365日』。この曲は、親子や家族の愛がつながっていることをイメージした、企業のCMに使われていました。

一般的なプロフィールビデオでは、まず新郎新婦それぞれの生い立ちを紹介し、2人が出会って結婚を迎える日までが描かれます。この曲は2人の出会いのシーンから挿入し、ビデオのエンディングまでのクライマックスシーンに使用するのが、最も効果的です。エンディング映像に、2人の誕生からそれぞれの家族の写真を短くちりばめると、両家の家族や参列者も感動します。そして、これからの2人の新しい家庭や未来を期待させるビデオになるでしょう。

2.     愛をこめて花束を(Superfly)

結婚式のさまざまなシーンで使われている人気の曲『愛をこめて花束を』。

プロフィールビデオで使用するなら、2人が出会ったシーンから挿入すると効果的です。または、オープニングから2人が出会うまでのシーンにこの曲を挿入しても良いでしょう。これから2人の愛が進行していくイメージを与えてくれます。

曲の効果をうまく利用するために、歌詞と映像をシンクロさせる方法があります。例えばこの曲なら、子どもの時と同じポーズの写真を撮って、昔と今の2枚の写真を重ねて歌詞にあてはめる演出がおすすめです。

3.     You And Me(Lifehouse)

男性目線で歌われている『You And Me』。

アメリカのロックバンドLifehouseの、男性ボーカルの声が切ないラブソングです。彼が彼女に「君しか見えない」と告白する歌詞で、結婚式でも人気の曲です。プロフィールビデオはタイトルから始まり、新郎の生い立ち、新婦の生い立ち、2人の出会い、プロポーズ……と進めます。この曲の挿入開始は新婦の生い立ちを紹介するシーンが終わる少し手前。プロポーズがあり、結婚を決めるシーンまでこの曲を流します。英語の歌詞はなかなか感情移入ができないものですが、このシーンで流すことで新郎が新婦を思う気持ちをうまく表現できるでしょう。

1曲だけでなく数曲を組み合わせるC754_mixer-thumb-815xauto-15094

結婚式で流すプロフィールビデオは、大抵7〜8分、長くても10分以内で制作します。この長さの映像に1曲だけのBGMを流すと、とても単調なビデオになってしまいます。ビデオの内容をよく理解できず、曲も知らなければ、そのゲストは非常に退屈な時間を過ごすことになります。

新郎紹介の曲、新婦紹介の曲、2人のシーンの曲と、場面に合わせて3〜4曲を使いましょう。

それぞれの歌詞のフレーズと映像をうまく合わせると、見ている人も理解しやすく感情移入でき、飽きのない作品になります。

歌詞と映像のマッチングがコツlgf01c201406011900

プロフィールビデオに使いたい曲がすでにあるのなら、歌詞に合わせたイメージの写真や動画を撮影すると良いでしょう。映像とシンクロさせて音楽を使うと、ミュージックビデオのようなプロっぽい作品に。親族やゲストも共感し感動するビデオが仕上がると良いですね。

参考:

プロフィールムービーの人気曲をご紹介!|結婚技研


【よく読まれる同記事】

・プロフィールビデオの曲 おすすめソング ver1

・プロフィールビデオの選曲の基準

・意外と曲数が多くて大変!みんなと被らないBGM選びのコツ5選!

結婚式 生い立ちムービー、プロフィールムービーで低価格での制作はロコスプロダクションへ。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る