婚約指輪と結婚指輪

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

IMG_6165婚約指輪と結婚指輪の違いは婚約の時に贈る指輪と結婚の時に贈る指輪だという事ぐらいは分かりますが、婚約指輪って必要?と思う人もいるのではないでしょうか?
だって婚約中は婚約指輪をつけるとしても、結婚したら結婚指輪をつけるわけですから数ヶ月のために高い指輪を買わなくても、結婚指輪だけでいいのではと思われるかもしれません。

・婚約指輪と結婚指輪の違い

結婚指輪は日常使いの指輪です。
結婚したら夫婦ペアリングで薬指にずっとつけているものと考えていいでしょう。
そのためシンプルで飽きのこないデザインを選ぶといいでしょう。
婚約指輪は男性から女性に贈られる指輪です。ダイヤモンドや誕生石など華やかな石のついたものを選びます。
日常で使う指輪ではなく、非日常でパーティや式典などドレスアップした時に自分を着飾るためにつける指輪です。

つまり婚約指輪と結婚指輪とではつける目的が異なるため、選ぶデザインも大きく変わってくるというわけです。
そのため婚約指輪の方が石がついていて豪華なため相場もたかく30万円ぐらい、そして結婚指輪はペアで30万円ぐらいになります。

l4

・婚約指輪は必要?

婚約指輪と結婚指輪の違いによって結婚指輪は必要性を感じますが、婚約期間は短いしその後パーティや式典など出る機会はそうありませんから婚約指輪って必要?と思う人もいるでしょう。
実際に結婚したカップルに聞いたデータでは6割の人が婚約指輪を渡しています。

結論から言えば婚約指輪を渡さなくても特に支障はありません。
ただ大切は事は女性が婚約指輪に対してどう思っているかという点です。
男性と同様に婚約指輪なんてつける機会もないし勿体ない、それなら新婚旅行を豪華にしようという考えの女性もいれば婚約指輪が欲しいと思っている女性もいます。

男性としては結婚したいと思っている女性が婚約指輪を欲しいと思っているのであれば指輪を贈るというのが男気なのではないかと思います。
相手の意見を尊重しましょう。

IMG_5717

・婚約指輪と結婚指輪の選び方

男性はあまり女性のアクセサリーを選ぶのが得意ではないという人も多いでしょう。
プロポーズをする時に指輪が必要だと思う人もいるかもしれませんが、高いお金を払って、相手があまり好きではないデザインの指輪を買うのは勿体ないですよね。
相手が好きなデザインの指輪を買うのが一番いいと思うのです。
なのでプロポーズの時は花束でプロポーズのOKをもらってから婚約指輪を一緒に選びに行こうと誘う方がきっと喜んでくれます。

それに弱気かもしれませんが婚約指輪を用意してプロポーズに断られる可能性だって決してゼロではないのです。
そう考えるとやはりOKをもらってから、一緒に選びに行く方が確実だと思います。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る