ウエディングの素敵な言い伝え

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

Something Fourウエディングには幸せになれるといわれている とても素敵な言い伝えが数多くあります。

その中のひとつに欧米で親しまれている
【サムシングフォー】
という言い伝えがあり、最近では日本でも知られるようになってきました。その他に、

Something Fourとは
ウエディングの際、花嫁が身につけると
幸せになれるといわれています。

Something New
二人の新しい未来、生活への輝かしいスタートとして
新しいものを身につけるのですが
色としては白いものが一般的とされています。
ですから花嫁の衣装の一部として
身につけられるものを用意する方が多いです。

Something Old
経済安定への願いや、慎ましい心を忘れないように
母や祖母から、何か古い物を譲りうけ身につけます。
ヴェールやリボンなどウエディングドレスの飾りとして
身につけるという方も増えているそうです。

Something Borrowed
周囲の方達からの愛といわれていて
幸せな結婚生活を送られている方達から
ハンカチやアクセサリーをお借りして
身につけ、ウエディングを迎えます。
そこには幸せにあやかるという
願いがこめられています。

Something Blue
聖母マリアのシンボルカラーでもあるブルーには
清らかさの他に、忠実や信頼の象徴ともいわれています。
目立たない場所に身につけるのがいいとされています。

素敵な言い伝えで幸せなお二人が
さらに幸せなウエディング送れることを願います。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る