再婚だけど、結婚式はした方がいい?

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

MIYAKO85_yuyakehutari20140725500-thumb-1200x800-5150
再婚カップル、増えています。厚生労働省発表の「人口動態統計」によると、2012年には全婚姻中の26%、つまり4組に1組以上が再婚カッップルになったそうです。
このページをご覧のあなたやあなたのパートナー、周りの親しい誰かにも、再婚の方がいるかもしれませんね。

再婚件数の増加にともない、再婚に対する世間のイメージも「また結婚したいと思えるなんてよかった」とか「新しい家族が増えるのはよいこと」など、ポジティブな意見が多くなっているそうです(2013年ゼクシィアンケート結果より」。

とはいえ、結婚式を開くかどうか現実的に考えると、そこにはいくつかの壁があります。
例えば、「初婚の際に結婚式に呼んだ友達をまた再婚の結婚式に呼ぶのは申し訳ないし、恥ずかしい」
「既に子供がいてそんなにお金をかけられない」といったものです。
そこで再婚結婚式のトレンドを見てみると。キーワードは「アットホームでちょっとコンパクト」だそうです。
家族の事情をよく知っている親しい友人や家族を中心に、レストランパーティーで新しい門出を祝ってもらう2人が多いとのこと。
友達には積極的に夫婦・子供連れで参加してもらい、家族ぐるみのにぎやかな会にしましょう。
集まってくれた皆の前で夫婦のこれからを誓う「人前式」のスタイルを選択する人も多いようで、頷けます。

迷っている人は「うちだけじゃない」と少し勇気を出して、ブライダルフェアなどに相談にいきましょう。
再婚カップルにちょうどいい規模や内容のプランが用意されているはずです。
一度結婚を終わりにしてしまったことで自信をなくしている人も、節目の日を新しいパートナーと共にプランし、乗り越え、みんなに祝ってもらうことで、ほっとした気持ちになれるはずです。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る