親族も上司も集まる結婚式。交際期間が短いのは問題ない?

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

PAK66_koibitototewotunagu20140301500-thumb-901x600-4339

「学生時代からの長いお付き合いを実らせて、見事ゴールインした2人!」という結婚、
素敵ですよね。

でも、「そろそろ結婚したい!」と思ってからの大人のお付き合いは案外短くてもいいものなのです。
学生時代は、身近にいる相手と何となくフィーリングが合って付き合うことが多いものですが、
いざ結婚となると、生活習慣や人生への価値観、家族との関係など、
気になるところがいっぱいです。
そうした判断基準をもってからのお付き合いは、
「あ、このひとだ」
とお互いぴんと来て結婚を決めるまでにそう時間はかかりません。

親族や上司など目上の人は「この前出会った人ともう結婚?」
と驚くかもしれませんが、自信をもって「この人だという人に会えたので、ここからスタートです」とか
「これから知っていく部分も多いでしょうけど、夫婦としての大事な部分は共有できていますので」
答えて大丈夫です。

入籍しないカップルも増えている中、結婚という形で決意や真心を表明した2人を、
きっと誇りに思ってもらえます
結婚式でのスピーチでも司会の方はよく心得ており、「運命の出会いを果たしたお2人。結婚を意識するまでに長い時間はかかりませんでした」と紹介してくれます。
たったの50年前にはまだお見合いで知り合ってそのまま結婚していたのですから、
自分たちが「これでいい」と信じられれば、それでいいのです。

結婚式プロフィールビデオ、生い立ちビデオの制作はロコスプロダクション

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る