ドキドキの瞬間!家族への結婚あいさつで気をつけるべきマナー

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

1501_04_187092991

彼からプロポーズをされたら、次の関門は家族へのあいさつです。長い付き合いとなるのですから、第一印象で、今後の関係性にも大きく影響します。特に彼のご両親には気に入ってもらえるよう、マナーには気をつけたいもの。
今回は、結婚あいさつに行く時の服装や言葉遣い、手土産の相場や渡し方など、知っておきたいマナーをご紹介します。

第一印象をよくするためのポイント6つ

第一印象が悪いと、その後どんなに素晴らしいことをしても認めてもらうまでに時間がかかるかもしれません。何事も最初が肝心。彼のご家族とはまだよく知らない間柄ですから、砕けすぎずに、さりげなく自分らしさも伝えるように心がけましょう。

1. 清潔感のある服装

オシャレである必要はありません。彼のご両親からは、息子の嫁として見られるわけですから、女性らしく清楚な印象を与える服を選ぶのがベストでしょう。
メイクはナチュラルメイクを心がけ、爪も短く切って、身だしなみを整えます。可愛いネイルアートも、この日だけはあきらめましょう。

2. 礼儀正しいあいさつと言葉づかい

会った時や帰る時のあいさつはもちろんですが、お茶やお菓子を出してもらったら、たとえそれが会話の途中であったとしてもきちんとお礼を言いましょう。
会話をする時は、ご両親の目を見てハッキリと話しましょう。丁寧過ぎる言葉づかいは、不自然な印象を与えます。だからと言って、友達言葉で話すのはマナー違反。自然な敬語で話すとよいでしょう。

3. 自然な笑顔

未来の義父母に結婚のあいさつをしに行くのですから、緊張して顔はこわばってしまいがち。それがご両親に会う初めての日であればなおさらです。でも、笑顔なしに人に好印象を与えることはできません。彼のご両親の家に行く前には、鏡の前で口の両端にキュッと力を入れて、笑顔の練習をしてから家を出ましょう!

4. 話題作り

事前に彼からご両親の趣味や、最近の出来事などを聞いておくと、話を始めるキッカケになります。話を合わせようと、詳しく調べたりする必要はありません。知ったかぶりの話をして、突っ込んだ内容になってしまったら、気まずい思いをすることになるだけです。「興味があるのですが、分からないので教えてください」という態度で聞く側にまわるとよいでしょう。
また、ご両親から質問されたことには、ありのままを正直に答えましょう。無理してよく見せようとすると、後々「聞いていた話と違う」ということになってしまいます。最初はお互いに相手の反応を探っている状態ですから、あまり詳しく話し過ぎず、最小限の情報を伝えるだけにとどめておいた方が無難でしょう。

5. 手土産

お客さまとして訪問するのですから、手土産を持参するのは大人として当然のマナーです。あらかじめ彼にご両親の好みを聞いておき、ご両親の好きなものを持って行くとよいでしょう。誰にでも喜ばれるものとしては、3,000~5,000円くらいのお菓子の詰め合わせなどがおすすめです。
お菓子類の場合、買ったものではなく手作りのクッキーやケーキなどを持参するのも、家庭的なことをアピールできてよいかもしれません。
渡すタイミングは、結婚のあいさつが終わってから渡すのが一般的ですが、手土産の中身が冷蔵しなければいけないものの場合は、その旨を伝え、玄関を入ってすぐに渡すなど臨機応変に対応しましょう。

6. 訪問後のお礼

帰る時にお礼を言うのはもちろんのことですが、数日後に改めてお礼を言うことで、好感度はさらに上がります。お礼の仕方は、電話でも手紙でも構いません。おもてなしいただいた感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

彼の両親を味方につければ、結婚生活は安泰!?lgf01c201406011900

ここまでできたら完璧です! 長い結婚生活にでは、困難に出くわすこともあります。しかしながら、未来の旦那様のご両親が応援してくれれば、「鬼に金棒」です! 幸せな結婚生活を送るうえで、心強い協力者となってくれることでしょう。

参考:女性版:彼の両親に結婚の挨拶に行く時の方法 | nanapi [ナナピ]

 

 


【よく読まれる同記事】

・結婚式の日取りは季節_曜日_六輝_にこだわって

・結婚が決まったら_結婚式準備のためのやることリスト

・ハネムーンのおすすめはココ!人気の行き先トップ10

 

結婚式や披露宴のプロフィールムービー・生い立ちビデオなら 「ロコスプロダクション」

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る