結婚式の生い立ちムービーやプロフィールムービーって??

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

今はたくさんのムービーを作れるソフトが溢れていますが、、、

使いこなせるかは・・・不安じゃないでしょうか。

ご友人にお作りになられる方必見です!!

img_soft_fcpx_01_04

まず、結婚式映像演出には様々な種類があります。

さて、結婚式の映像演出についてどんなものがあるのかを、一通りおさらいをしてみましょう。

披露宴を盛り上げるのに欠かせないのが映像演出!
●オープニング映像編
こちらは披露宴の冒頭、新郎新婦入場の直前に流すもの。「本日はふたりのために足をお運びいただき、どうもありがとうございます」という気持ちを込め、1~2分程度の短めの映像にすることが多いようです。

●プロフィール映像編
ふたりの生い立ちやなれそめを紹介するものです。新郎新婦それぞれの生い立ちを紹介したあと、ふたりについて紹介するというパターンが一般的。新郎新婦がお色直しのために中座している時に上映することが多いようです。上映時間は5分くらい、長くても8分くらいが妥当でしょう。

●エンディング映像編
最近、急激に増えてきているのがこのエンディング映像。お開きになって新郎新婦が退場し、扉の外でゲストをお見送りする準備を整えている間に上映されます。上映時間は2~3分くらい。映画のエンドロールのように、ゲスト全員の名前を流しつつ、感謝のメッセージを伝えます。挙式から披露宴までの“撮って出し”映像を使用するのも人気があります。

これらの映像演出はプロに頼むケースと自作するケースがあります。自作する場合には、会場の映写システムとの相性が重要になってきます。
ギリギリまで制作していて、映像を当日に持参。会場で試写したものの映らずに、結局上映できなかった……ということもあるようです。自作する場合は早めに作って、余裕を持って会場で試写をしておきましょう。

喜ばれるプロフィール映像の作り方

結婚式の映像演出の中で多くの人が選択しているのがプロフィール映像です。ガイドは年に50件以上の結婚式を実際に訪れて取材しますが、その中でプロフィール映像を上映しなかった結婚式は数えるほどしかありません。

思い出の写真を使ったプロフィール映像は定番演出
誰もが行うプロフィール映像。紹介されるプロフィールはもちろん異なるけれど、手法が同じということから、「これはもう飽きた」と内心感じているゲストもいるようです。そんなゲストにも喜んでもらえるようなプロフィール映像を作るにはどうしたらいいか、ちょっとしたコツをご紹介しましょう。

point1 テーマやテイストを始めに決める

プロフィール映像にテーマなんているの?と思う人がほとんどだと思いますが、実はこれが重要。ただ単にふたりを紹介する映像だと、単調すぎてゲストに飽きられる原因に。感動系でいくのか、お笑い系でいくのか、テイストを決めるだけでも映像はぐんと引き締まったものになります。

pointト2 ゲストと一緒の写真をまんべんなく入れる

ふたりの写真だけが延々と続いていくのでは、ゲストも厭きてしまいます。なるべくふたりとゲストが一緒に写っている写真を採用すると、見ているほうも盛り上がります。

point3 テロップやコメントは必須です!

ふたりの写真をただ単に流すのはNG。写真にはしっかりコメントを入れます。いつ撮った写真なのか、その時の気持ちや状況などをテロップで付けると、ゲストも共感しやすいでしょう。

point4 写真だけではなく、動画を挟み込む

プロフィール映像は基本的に写真で構成されますので、どうしても動きに乏しくなります。そこで、お勧めは動画を挟み込むこと。たとえば、ふたりのなれそめを再現した動画を入れたりすれば、面白さも倍増します。

point5 BGMはサビを利用する

プロフィール映像のBGMは単調になりがちです。新郎用、新婦用、ふたり用と3曲を頭からそのまま流すパターンが多いのですが、これではあまり盛り上がりません。曲のサビを使用するようにするだけでも、印象は変わるものです。

【※ココ重要】 ぐっとくるエンディング映像の作り方

最近人気を集めているエンディング映像。ふたりを祝福するために足を運んでもらったゲストへの感謝の気持ちを最後にもう一度伝えるという役割があります。

基本、ふたりのいままでの写真などで作りますが、この際気をつけたいのはできるだけプロフィール映像とかぶらないようにすることです。エンディングに“撮って出し”映像を利用しないのであれば、結婚式準備中に意識してふたりの映像を撮っておくといいかも知れません。

また、ゲストへの感謝の気持ちを伝えるわけですから、ふたりの写真ではなく、ゲストの写真を映してそれにありがとうのメッセージを重ねてもいいと思います。

映像を上手に活用して盛り上げるのが今どきの結婚式。ふたりの個性がよりゲストに伝わるように工夫してみてください。

 


【よく読まれる同記事】

・結婚式 生い立ちムービー 写真がない時のテクニック3選!!?

・プロフィールムービーを自作するメリット

・急増中!身内だけの結婚式のメリット3つ

 

結婚式 生い立ちムービー、プロフィールムービーで低価格での制作はロコスプロダクションへ。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る